しんやさとしの綴記

就活に失敗し、理系院生となった僕が、web企業に文系就職する話と、してからの話。就活生はsiiniusという就活支援サイトもご覧あれ。

まだマウス使ってるの?(Excel編)

 

みなさん、Excel使ってますか?

 

Excelって、コマンド操作によって色んなことができるんです。

 

「そんなこと知ってるよ!」って言われちゃいそうですが、本当にちゃんと知ってますか?

 

実際、マウスなんて使わないくらい、Excelのコマンドって充実してて、それがうまく使えればマウス使った場合と比べて10倍以上早く操作できちゃうんですよ。

 

想像できます?自分のExcelが10倍以上早くなるって、仕事にどれだけ影響されるか。

 

とゆーわけで今回は、

 

普段みなさんがマウスを使って操作しているであろう作業を、キーボードのコマンドで行う方法を紹介します!!

 

はい、とりあえずExcel立ち上げますね

 

 

 

ここで、まずExcelシートを変更したい場合、「control + pageup」または「control + pagedown」を押すことで、このようにシートを変えることができます。

 

はい、これでもうシート移動にマウス使いませんね!

 

 

次にこういったデータを削除したいと思った場合、

 

「control + shift + 矢印 + deliete 」を押すことで、

 

 

こんな感じでデータを一掃することができます。気持ちいいですね。

 

 

次に文章を書く上で必要そうなコマンドについて説明します。

 

 

一つ戻る :「contro + z」

一つ進む :「contro + y」

下線を引く :「contro + u」

イタリックにする :「contro + i」

 

 

 

こういったコマンドを用いることで、画面のように色んな表現をすることができます。

 

また、文章ではなく数式を書きたい場合、入力したいセルの中で「F2」を押します。

 

数式の書き方は、みなさん慣れてるから大丈夫でしょうかね。一応説明しておくと、「=」を最初につけることで、そこに入力される数字が「文章」から「数式」とExcelが判断し、計算ができるようになります。

 

 

また、こーゆーグラフの数字を抽出したい場合、マウスを使ってドラッグして選びたいところですが、ここではそんなことしません。

 

「control + shift」で選ぶこともできますし、「F1:F10」などのようにコロン「:」を挿入することで、このように選ぶことができます。

 

 

 

以上、マウスを使わない数式の書き方でした!

このように、マウスなんて使わなくても文章や数式なんて疲れちゃうんです!ほんとに、これをマスターすることで作業時間全然違うんですよ??

 

ここまで読んでくれた方、ぜひ一度やってみてください!きっと普段の10倍以上の作業スピードを出せるはずです!!

  

・資料元

 

 

前田塾
参加大学生突2,000名突破!
Excel、会計、ファイナンスから仮想通貨まで社会のビジネス教養を身に着ける大学生向け教養塾