しんやさとしの綴記

就活に失敗し、理系院生となった僕が、web企業に文系就職する話と、してからの話。就活生はsiiniusという就活支援サイトもご覧あれ。

2年越しの就活!Part.19 【インターンでアメリカに行くことになった話】

前回の記事はこちら

Part.1はこちら

 

自分の理想の企業について考えた上で、企業説明会に臨む。

 

「自分の好きなサービスを扱ってるところ」という企業選びの軸が結構いい働きをしてくれて、数100社もあるweb系企業から志望企業を10社以下に減らしてくれた。その分企業分析の時間も集中的に行うことができたからこれは大きい。

 

ちなみになぜweb系が良いのかっていうと、1番は「私服で働ける」から。就活をしていかに自分がスーツ嫌いかわかって、私服で働ける業界で仕事したいと思った。


web系以外だとアパレルやマスコミ辺りが私服勤務可能だったけど、そちらはあまり興味が持てなかった。

 

以下、その他の理由
・都内で働ける
・若い人が多い
・サイト構築経験が活かせる
・自分の関わったサービスが全国的に広まりやすい
・データ分析がしやすい
・webが好き

 

こんなところかな。もちろん面接ではもうちょっと良いこと言ったと思う。たぶん。


説明会の中では社員の雰囲気以上に仕事の中身について聞いた。

 

例えば総合職の中でも、サービスの企画と運用を1人で兼任する企業もあれば別々に専業にする企業もある。またサービスもすでに1000万ダウンロードされているサービスを扱うかまったくできたばかりのサービスを扱うかで自分が最初に身につけるスキルが変わる。

 

そういったところを加味して、自分のやりたいことを見定める。

 

結果的に、「自分が好きなサービスを扱っていて、企画だけでなく運用もできて、まだ広まりすぎていないサービスに携われる企業」というベースの下でエントリーする企業を選別した。エントリー数は5社くらいになったと思う。

 

3月になって経団連所属の企業が選考を始めても、基本的には今の志望軸と変わらずで、2〜3社SIerに新しく応募したくらい。もちろん企業説明会はもっと多くの企業に参加したりしたけど、エントリーしたいと思える企業はそこまで多くなかった。


予想外だったのは、アメリカにインターンに行くことになったこと。株式会社メルカリ主催のインターンで、渡航費無料・宿泊費無料・日給2万でアメリカに行けるという高待遇のインターンで試しに応募したけどまさかの通過。

 

めちゃくちゃ嬉しかったけど、問題は就活にもろに被ること。3月か4月のうちの1週間をアメリカに費やすだけでなく、準備もそこそこ必要だった。

 

エントリーしたweb系企業についても選考状況は微妙で、順調に進んでいる企業は1社だけ。

 

志望企業が全てダメだったら次にエントリーする企業を考えなければならない。4月という重要な時期を無駄にすることができない。

 

このままアメリカに行っていいのかな。。でも行かないはありえないよな。。いや、ありえんわ。新興国と先進国両方にインターン行くってどんな人材だ。いく!いくわ!

 

不安と期待が混じりながら、4月初旬に僕はアメリカへと旅立った。