しんやさとしの綴記

就活に失敗し、理系院生となった僕が、web企業に文系就職する話と、してからの話。就活生はsiiniusという就活支援サイトもご覧あれ。

2年越しの就活!Part.18 【僕の理想の企業の話】

前回の記事はこちら


Part.1はこちら

 

説明会に参加する前に、改めて自分にとっての理想の働き方について考えてみた。


結論から書くと、僕の理想はこんな感じ。

 

①私服勤務がいい (スーツは疲れる)
②東京で働くのがいい (転勤したくない)
③残業少ない方がいい (自分の時間作りたい)
④経営が黒字で数年は潰れなさそうなところがいい (自分が成長する前に潰れるのはちょっと、、)
⑤みんな知ってるところがいい (自慢したい)
⑥男女比5:5くらいのところがいい (男ばかりだとちょっと、、)
⑦早いうちから新規事業企画できるところがいい (世の中に革命をもたらしたい)
⑧優しい人が多い職場がいい (怒られるの嫌や、、)
⑨たまに海外行けるところがいい (半年以内がいい。数年は疲れる、、)

 

 

、、こんなところだ。

 

 

、、ううん、、クズいな、、

 

 

お前本当に成長したのかってくらいクズい要望書いてる気がする、、、

 

残業したくないけど新規事業企画はやりたいってところがもう、、


でも理想の働き方っていうとこうなるんだよな、、


あ、でも年収はどうでもいい!低すぎなければ!ここは譲る!はは!


ただ、やっぱり新規事業企画をめっちゃしてる企業は、残業が多い。正直、僕は残業めちゃくちゃできるようなバトルタイプじゃない。早く帰れるなら早く帰りたい草食タイプだ。


そもそも、なぜ自分は新規事業企画をそんなにやりたいのか。


たしかに新しい事業を企画してそれが広まれば、自分の力で世の中を変えたと言えるかもしれない。


でもそれって早いうちから本当にできるのか?成功するのか?もちろん早いうちから挑戦した方がPDCAサイクル早く回せてうまくいく確率高まるかもしれない。けどそれ企業的にどれだけ投資必要なんだ?失敗ばかりだぞたぶん。


もともと、自分でwebサービス作ってその運用がうまくいっていない身だ。もっと新規事業!新規事業!っていうより、まず企業の既存事業を成長させる経験を経て、その経験を活かして新規事業企画を行った方が、下手に最初から新規事業に手を出すより効率的で良いんじゃないか?


あれ、、既存事業? 既存事業って、、?


ここで初めて、企業の既存事業について興味を持った。本当にそれくらい、自分で新規サービス作ることしか頭になかった。


いやもちろん、それぞれの企業が何を扱ってるかはわかっている。フリマアプリならフリマを扱ってる企業。わかるさすがに。そこまでバカじゃない。

 

要は、本当にその企業が扱ってるサービスを自分は伸ばしたいのかって話。

 

極端な話これまでは、あまり興味ないサービスばかり扱ってる企業でも、若手が新規事業企画できるのなら魅力的に思えた。

 

でも改めて自分が既存事業に集中し、実力を伸ばすことを考えた場合、そういった企業ではだめだ。やる気がおきない。


じゃあどんな事業だと自分はやる気が起きるのか?それは割と簡単に答えが出た。

「自分が好きなサービス」だ。

 

自分が本当に便利だと思っていて、よく使っていて、良いと思えるサービスだからこそ、もっと改善していきたいし、もっと多くの人に使ってもらいたい。

 

、、新たな理想像が増えてしまった。

 

まぁ、⑦の新規事業企画が薄れた分、良しとしよう。それでも傲慢は変わらないけど。。

 

⑩自分が好きなサービスを扱ってるところがいい (もっと世の中に広めてやる)